グリーンネットは、茨城県神栖市波崎においてサッカー大会を開催!春、夏、秋、冬いつでも使える緑の天然芝が魅力です。
小学生、中学生、高校生、女子、大学生、社会人と様々なサッカー大会・合宿をサポートしております。
サッカー大会
◆ 小学生大会・合宿
◆ 中学生大会・合宿
◆ 高校生大会・合宿
◆ 女子大会・合宿
◆ 大学生大会・合宿(11人制)
◆ 大学生大会・合宿(5人制)
   (フットサルサマー合宿)
◆ 社会人学生さん大会・合宿
   ・グリーンカップ(11人制)
   ・10周年記念大会(11人制)
◆ 8人制サッカー大会・合宿
◆ 7人制サッカー大会・合宿
◆ フットサル大会・合宿(5人制)
試合結果
◆ 2018年試合結果
◆ 2017年試合結果
◆ 2016年試合結果
◆ 2015年試合結果
◆ 2014年試合結果
◆ 2013年試合結果
◆ 2012年試合結果

大学生合宿プラン
◆ スポーツ合宿プラン

◆ テニス合宿プラン

◆ フットサル合宿プラン

社会人合宿プラン
◆ スポーツ合宿プラン

◆ テニス合宿プラン

◆ フットサル合宿プラン

施設・交通
◆ 提携施設

◆ 提携ホテル

◆ 交通

貸切バスのご案内
◆ 貸切バスお見積り依頼
審判募集
◆ サッカー審判バイト情報


グリーンネット
〒314-0408
茨城県神栖市波崎1251
TEL:0479-40-3019
FAX:0479-44-0935

e-greennet1@e-greennet.com
http://www.e-greennet.com/

東京案内所
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-19
アルベルゴ御茶ノ水419
TEL:03-52837044
FAX:03-5283-7045

Topへ戻る
★★★ はさき グリーンカップ ★★★
第11ステージ スーパービギナーMAX大会



はさきグリーンカップ 第11ステージ スーパービギナー大会

優勝は SUISUIテクニコズ

準優勝は 文京FC

となりました。

決勝観戦記     SUISUIテクニコズ − 文京FC

 

爽やかに晴れ渡り夏の余韻も残す素晴らしい天候に恵まれたグリーンカップ第11ステージ スーパービギナーMAX大会。決勝戦へと駒を進めたのは共に初出場の2チーム。

 

高校サッカー部OBで結成されたSUISUIテクニコズはチームワークが抜群。MF14番橋本を中心にゲームを組み立てる。対する文京FCは会社の同僚チーム。特に目立つ選手は不在だが全員が攻守に全力でチームとしての完成度が高い。

 

優勝をかけた戦いが始まると一気に攻勢にでたのはSUISUIテクニコズ。前線からの積極的なチェイシングがじわりじわりと文京FCゴールへと迫りくる。

 

前半4分 前線からのチェイシングがうまくはまりボールがこぼれてきたのはSUISUIテクニコズMF14番橋本の足元。橋本は個人技で文京DFを交わすと右足で狙いすました巻シュート。ボールはきれいな放物線を描きながらゴールへと吸い込まれていった。

 

前半4分 ビューティフルゴールによりSUISUIテクニコズ 先制 1−0

 

その後も攻撃の手を緩めないSUISUIテクニコズは8分ボランチ27番張本の展開から右サイド53番小松崎へ。小松崎が丁寧なクロスをおくるとここにも14番の橋本。冷静なシュートは再度ゴールネットを揺らした。

 

前半8分 畳み掛ける攻撃による追加点 SUISUIテクニコズ 2−0

 

前半早々に2点のビハインドと劣勢にたたされてしまった文京FC。しかしこの雰囲気を打破しようとFW26番ワタナベが頑張りをみせる。ロングボールに抜け出したワタナベが個人技で強引にSUISUIテクニコズDFをこじ開けようと仕掛けるとおもわずペナルティエリア内で引っ掛けられPKを得る。この雰囲気を変える千載一遇のチャンスにキッカーは6番オクムラ。しかしプレッシャーのかかるこの場面にシュートはわずかにゴールマウスを捉えることなく外れてしまう。

 

ゴールこそならなかったがその後は一進一退の攻防を繰り広げる両チームだったが、18分 23分とさらに立て続けにSUISUIテクニコズはゴールを奪い前半で4−0のスコアとなる。

 

後半に入り一矢報いようと文京FCが攻勢にでる。

3分 6番オクムラのスルーパスに抜け出した99番ミヤハラが決定的なチャンスを迎えるも惜しくもオフサイドの判定。

 

20分 11番タカヤナギの思い切りのいいシュートは風に押し戻されゴールエリア内に高く舞い上がる。ここに諦めず飛び込んだ26番ワタナベが頭でねじ込みゴールを奪う。

 

後半20分 一矢報いるゴール 文京FC 1−4

 

その後もゴールを目指し続けた両チームだったがタイムアップの時間を迎え熱い戦いはSUISUIテクニコズの勝利で幕をおろした。

 

 

惜しくも準優勝の文京FCは会社同僚チームだがサッカー中の上下関係など特に見えず素晴らしいチームワークだった。見事優勝のSUISUIテクニコズは高校時代の恩師の愛用自転車からチーム名を拝借。素晴らしい恩返しになったのではないだろうか。

 

最後に大会に参加したすべての選手・マネージャーの皆様お疲れ様でした。

 

グリーンネット スタッフ

グリーンネットは、波崎でのフットボールライフを応援しています。