決勝観戦記     バゴルダーレ府中 − NF

 

 

絶好の快晴の中行われたグリーンカップ第19ステージ 脱スーパービギナー大会。

優勝を争う戦いを演じたのは何度か大会参加し常に好成績を残すバゴルダーレ府中と初参加となったNF。熱い決勝戦が展開された。

 

 

バゴルダーレ府中の注目選手はテクニックに秀でたMF10番吉田攻撃のすべてを経由しているといっても過言ではないチームの大黒柱。またキャプテンシーを発揮しチームの心臓は11番片山。一方のNFはDFリーダーとして守備を統率する4番佐々木、MF16番中森が攻撃のスイッチとなるパスを効果的に配給する。

 

 

試合が始まるとお互いの勝利への気持ちがぶつかり合い試合は均衡状態。その中でもバゴルダーレ府中が押し気味に試合を進めていくが要所要所をNFがしめ得点の動きはない。

 

前半の2/3がすぎた18分ゴール正面ペナルティエリアぎりぎりからのFKのチャンスはバゴルダーレ府中。10番吉田が思い切りよく狙うもののシュートは壁に当たる。しかし、そのこぼれ球が混戦の中から抜け出すとそれはゴール前オフサイドラインぎりぎりのところにいた19番三浦の足元に。三浦が落ち着いてボールをゴールへと蹴り込み先制点を奪う。

 

前半18分 待望の先制点はFKのこぼれ球から。  バゴルダーレ府中先制 1−0.

 

待望の先制点後も更なる追加点をと意気込むバゴルダーレ府中にNFが一瞬の隙をつき決定機を迎える。

 

前半23分 中盤でボールを奪ったNFが前線にパス。オフサイドトラップをかいくぐりボールを受けたのは16番中森。中森はGKの動きを冷静に判断し、鮮やかなループシュートを放つとボールはゴールマウスへと吸い込まれていった。

 

前半23分 絶好の時間での同点弾 NF 試合をふりだしに戻す 1−1.

 

勝負は後半へともつれ込む。

 

後半3分 後半始まって早々に絶好のチャンスはバゴルダーレ府中。26番久保谷のドリブル突破からの右足シュートはNF GK坂本の好セーブ。しかしそのわずか1分後の後半4分再びドリブル突破は26番久保谷。今度は冷静かつ慎重にシュートを放ちゴールを奪う。

 

後半4分 試合の流れを引き寄せる追加点 バゴルダーレ府中追加点 2−1.

 

追加点を許してしまったNFも再び同点に追いつこうと攻撃を仕掛ける。

 

後半15分 右サイド7番原からのクロスボールに18番堀内が中央でボレーシュートを放つもののこれはわずかに枠の外。

 

試合はその後後半18分にCKからのゴールでバゴルダーレ府中がリードをひろげ3-1としそのまま試合は終了となった。

 

 

惜しくも準優勝はNF。会社の仲間たちでの参加となったがチームワークが素晴らしかった。見事優勝のバゴルダーレ府中は若手とベテランの融合が強さの秘訣ではないだろうか。優勝おめでとうございます。

 

最後に大会に参加されたすべての選手マネージャーのみなさんお疲れ様でした。

スタッフ 佐々木


はさきグリーンカップ2016
第19ステージ
脱スーパービギナー大会結果
優勝
新座ストロングSC
優勝
新座ストロングSC